ゴルフ場でキャディを帯同する3つのメリット・デメリット

こんにちは!ハマカナです。

キャディさんを帯同してラウンドをする人と、帯同せずにラウンドをする人、どちらが多いかというと、やはり後者が多い傾向にあります。

それはキャディさんを帯同してラウンドをするメリットとデメリットをはっきり理解せず、「帯同の申し込みの方法もわからないし、そもそも特に不要なので付けない」といった方がほとんどかと思います。

青年A
私は仕事がら、接待を受けるゴルフが多いので、キャディさんを付けてラウンドをすることが多いです。会話が盛り上がっていつも非常に楽しいよ。

ハマカナ
恵まれているね。ただそれが当たり前と思わない方がいいよ。接待を受けてるからといって、浮かれないこと。

仕事がら、キャディさんを帯同してラウンドをする人こそ、メリットやデメリットを理解し、そのありがたみを知ったうえでラウンドしてほしいです。

かく言う私も、ゼネコンという仕事がら、キャディさんが付くことが当たり前と思ってゴルフをしていました。ただゼネコンを転職してから、ただの一度もキャディさんを帯同してラウンドすることはなくなりました。

そんな中、【キャディさんを付けるメリットとデメリットは何なのだろう】と考えるようになり、今回の記事を書く運びとなります。

今回の記事は以下のような方に特に見て頂きたい内容となります。

  • 接待でキャディさんを強制的に帯同してもらえている人
  • 仲間内のゴルフでキャディさんを付けるか迷っている人
  • ゴルフ初心者で早期に成長したいと思っている人

もし当てはまる方がいらっしゃれば下記に詳細を記載していおりますので、ご覧いただければ幸いです。

ゴルフ場でキャディを帯同する3つのメリット

ゴルフ場でキャディさんを帯同する3つのメリットは下記のとおりです。

  1. コースごとに攻め方を教えてくれる
  2. 会話の潤滑油になる
  3. ゴルフルールの答えを教えてくれる

詳細は下に記載いたします。

コースごとの攻め方を教えてくれる

我流での攻め方ももちろん楽しいと思いますが、まずは正しい型を身に着けてから我流へと進む方が、断然成長につながります。いわゆる守破離の考え方です。

キャディさんが教えてくれる攻め方は、そのゴルフ場のコースを熟知した上で、最善及び効率的な方法を考えた、いわゆるお手本のような攻め方となります。その攻め方から、【どのようなコースで、どのような攻め方が最善策】を学び取れれば儲けものです。

その最善策が正しい型となります。

型を覚えたら、まずはそれ通りに実施することがポイントです。その次にその型と自分の力量の相乗効果が狙える攻め方を自分で考えだし、自分なりの攻め方を見つけ出すことが更なる成長につながるとともに、ゴルフを一層面白くさせるポイントとなります。

会話の潤滑油になる

接待であれば、非常にメリットがあるのがこれです。キャディさんは基本的に明るく、非常に話をしやすい方々です。もしラウンドをするメンバーが固定されているのであれば、話も尽きてしまい、話も単調になることが多いです。そのような状況の中、キャディさんが入ることで、新鮮な会話が生まれ、楽しいラウンドになります。

ゴルフルールの答えを教えてくれる

2019年から新ルールが発足され、ますますルールが不明になっている方もおられるかと思います。

また仲間内のローカルルールを採用しまくって、本来のルールがわからなくなっている方もおられるかと思います。

そのような状況の中、キャディさんは正しいルールを知っています。【こんな時は、ルール上はこれが正解ですが、どうしますか?】との気の利いたことも言っていただけます。

少しでも微妙なジャッジを迫られる時は、キャディさんに【こんな時はどうすれば良い?】と聞けば、必ず答えを教えてくれます。良い勉強になります。

ゴルフ場でキャディを帯同する3つのデメリット

以上のようなメリットもあれば、もちろんデメリットもございます。それは下記のとおりです。

  1. コストが掛かる
  2. 攻め方を教えてくれてもそれ通り打てない
  3. キャディ若年者に当たる場合もあり

詳細は下に記載いたします。

コストが掛かる

おおよそですが、2,000~5,000円/人を追加料金として支払う必要があります。金額については各ゴルフ場の料金設定によって変わります。

それくらいであれば、と思えるくらいのコストですよね。

攻め方を教えてくれてもそれ通り打てない

「池の横につければ、グリーンまで開けているので打ちやすいです」と言われても、「それはわかっているけど、そんなコントロールの力はありません」と思ってしまうことがしばしばあります。

ただ戦略的な考え方については学べますので、「いや無理だし」と思わず、「なるほど、そうやって考えればよいのか。ふむふむ。」と思って、少しでもその考え方を吸収するようにすれば、メリットになるかと思います。

キャディ若年者に当たる場合もあり

よほどの常連でゴルフ場に通っていない限り、キャディさんについて要望をして、その通りになることは少ないです。

よって、あまり経験がない方に当たる可能性もり、【自分の方がよっぽど知識がある】と思ってしまう可能性もあります。ただそれでも会話の弾むと思いますし、自分が教えるような感じでラウンドすると、【教えた、という気持ちよさが残る】かと思います。

まとめ

いかがでしたか。キャディさんの戦略的な考え方を学べることは、ゴルフ初心者の方にとって、かなりのアハ体験になるかと思います。

しかも今の時期は、ゴルフのルールが変更になって間もないので、キャディさんを帯同するメリットは大きいかと思います。

ただしきちんとデメリットも理解した上で、キャディさんを帯同すると非常に良いラウンドになるかと思います。

長い記事でしたが、ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

あとがきとして私の周りの人たちもほとんど利用している、ゴルフに関するおすすめサイトを下に記載しますので、よろしければご活用いただければ幸いです。

■おすすめのゴルフ関連サイト

項目 公式サイト名 公式サイト 説明

ゴルフ場予約

楽天GORA 周りの仲間・上司も全員使用しています。一言でいうと使いやすい。

ゴルフクラブ

ゴルフ用品購入

楽天市場 中古から新品まで幅広い品揃え。1番お得なのは型落ちの新品が超お買い得。

ゴルフクラブ

ゴルフ用品売却

リサイクルネット シンプルで使いやすい。クラブやバックなどは買い替えが多いので、古いものを売却する時はココ!

ゴルフ

スクール

各ゴルフスクールの詳細はこちら

RIZAP GOLF

高額ですが、結果にコミットという言葉の通り、成果は出やすいかと思います。
EPARKスクール 一番利用しやすいサイトです。なぜなら「無料」で「家の近く」で体験レッスンを探すことができます。

ゴルフ

パフォーマンス



友人が利用しましたが、3ラウンド目で125⇒95になりました。無料体験レッスンがあるので、ソコから!