VE案:ドライコイルシステムの採用

こんにちは!ハマカナです。

VEとは、Value Engineeringの略称です。

VEを実施することによって、機能を劣化させることなく、コストを下げることができ、ゼネコンが利益を上げるためにも、必須の取り組み内容となります。

従って、ゼネコン担当であれば、必ずどの現場でも、VEの実施は不可欠となります。ただし、自分でVEを考え出すには、相当の経験と知識が必要となります。

経験と知識がない人にとって、【VE案を考えろ!】と言われると、まず自分の力で考えだすのは不可能に近いです。ただしゼネコン設備担当者であれば、身近な人の力を借りれば、容易にVE案を作成することが可能です。

それはサブコンの方々です。

サブコンの力を借りてしまえば一番手っ取り早くVE案を作成することでき、それなりのVEを実施できるかと思います。

ただし、毎回サブコンの力を借りていては、サブコンの能力によってVE案のクオリティにばらつきが出てしまい、いわば運頼りになってしまうことになります。

そして一番の弊害は、自分の成長が止まってしまうことです。

今回の記事では、自分でVE案を考え出せるようになるヒントとなる、ある現場でのVE案を掲載します。

この記事を参考にして、自分でVE案を考え出すようにする経験をすれば、きっとその経験はあなたの成長につながると思います。

また経験や知識がある方も、復習がてらご確認頂けると、もしかすると新たな発見があるかもしれません。よろしければご覧いただけると幸いです。

ここまでのポイント
○VEの実施によりゼネコンが利益を上げれる。
○ゼネコン担当であれば必ずどの現場でもVEの実施は不可欠。
○今回の記事はVE案のヒントを記載する。

VEとは

これよりドライコイルシステムについて記載させていただきます。

今回の記事では、イニシャルコストのみならず、ランニングコストも削減できる内容になります。

ちなみにVEという言葉は、世界大百科事典第2版に下記のように定義されています。

価値分析は、最低の総コストで必要な機能を確実に達成するため、製品とかサービスの機能分析に注ぐ組織的な努力であると定義されている。価値分析はVA(value analysis)ともVE(value engineering)とも略称されるが今日では後者を用いることが多い。顧客は価値ある製品やサービスを求めている。VEでいう価値とは、製品とかサービスを利用する顧客側が判断するものであり、したがって企業側としては顧客の立場にたって価値改善をはかるよう努力することになる。

世界大百科事典 第2版より引用

要するに、VEの価値は、【顧客側が判断】するものなので、ゼネコン担当であればVE案を検討したら、基本的には建物を使用する発注者の確認が必要となります。

とはいえ発注者が毎回そのVEを判断することは少なく、監理者や設計者が判断することが多くなっております。

ただ、建物の使用勝手が変わるようなVE案は、発注者に確認することが必須なので、ケースバイケースで判断者が変わると認識しておいても良いかと思います。

判断者はケースバイケースかもしれませんが、VE案が採用されることによって、コストが減りますので、そのVE案が採用されたかは発注者に報告する必要があります。

よって、VE案を考えついただけでは足りず、根拠などを用意しきちんと説得できて初めて、VE案が活かされる為、説明する力も必要となります。

そのことを念頭に入れて頂き、下記のVE案についてご確認頂ければ幸いです。

ドライコイルシステムの採用

ドライコイルシステムとは外調機(俗にOHU)で温湿度(全熱)処理【露点温度制御とも言います】をして空調機(俗にAHU)で顕熱処理のみをすることになります。

ただし、室内で水を大量に使用したり、人が多く滞在する場合は、このドライコイルシステムの採用は難しくなります。

なぜなら顕熱とは、温度変化のみを対象とした熱を指すため、湿度変化の対応ができないからです。

また、ゼネコン設備施工社員目線の具体的な顕熱変化としては、空気線図でいうと、横の移動のみとなります。

空気線図の横の移動ということは、絶対湿度が変わらない変化を指します

この空気線図での横の移動だけであれば、冷却除湿をしない範囲において、冷却コイルでOA+RAを冷やしてあげれば良いのです。

そこで登場するのがドライコイルシステムです

下図を参照ください。社団法人日本空気清浄協会編オーム社出版の「クリーンルーム環境の計画と設計」から抜粋した図となります。

こちらの図を見て頂くと、空気線図上の状態点が横の移動のみであることがわかります。

ドライコイルシステムの具体的な系統図としては下図となります。

この図の水水熱交換器が、ドライコイルシステムの肝となる部分となります。

通常モジュールチラーなどで冷水を作る場合、往5~7℃、還10~12℃となりますが、そこに熱交換器を入れて、往14~15℃、還19~20℃で各AHUとやり取りし、先ほど空気線図での状態点の横移動を可能にさせます。

室の詳細条件を確認せずドライコイルシステムを採用しない場合、冷却除湿⇒加温・加湿をすることになり、非常にランニングコストに影響を与えることになります。ぜひ室条件を確認し、ドライコイルシステムの採用可否を検討すると良いです。【何度も実体験済み】

特に、クリーンルーム等で採用することが多いのですが、延べ床面積約6000m2の建物で、ランニングコスト約3,500千円/年を削減する実績もあります。

ここまでのポイント
〇ドライコイルシステムの採用で、ランニングコストを約3,500千円/年削減できた実績あり。
〇採用には、絶対湿度が変わらない室であることが条件にある。
〇ドライコイルシステムは、空気線図上では横の動きのみとなる。

まとめ

VE案は、現場特有のものもあれば、どの現場でも使用できるものもあります。

今回記載したVE案は、比較的どの現場でも使用できるものとなりますので、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

上記で紹介したVE案を抑えて頂き、あなたの経験の中で、さらなるVE案を考え出すようにすると、さらにゼネコン設備担当として成長をしていけるのではないかと思います。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。この記事の他にもゼネコンや設備担当、ゴルフ等に関する記事もありますので、併せてお読み頂けると幸いです。