【厳選!】ゼネコン担当におすすめな4つのクレジットカードとは?

こんにちは!ハマカナです。

ゼネコン担当は、比較的プライベートの時間が作れないものです。

何か買い物をしたいと思った時、貴重なプライベートの時間を削ってまで外で買い物をするという選択肢はあまり思いつかないものです。よってインターネットでの買い物が主流になります。かく言う私もほとんどインターネットでの買い物が主流でした。(インターネットの買い物だけで月々10万円程度)

そんな生活スタイルの中、インターネットでの買い物が月々10万円ということは、クレジットカードの還元率が例えば1%だったとしても、月々約1000円の儲けがあるわけです。年間で12000円の儲けとなりますので、NHK受信料がほとんどタダになるわけです。(何がお得かと感じるかはあなた次第ですが。)

青年A
でもクレジットカードって色んな会社があるからどれを所持したら良いのかわからない。

ハマカナ
私のゼネコンでの生活スタイルを基に、メリットがあるカードを紹介するよ。

ということで、キャッシュレスの時代でもあり、ポイントという儲けが出る、クレジットカードのご紹介をさせて頂ければと思います。

ゼネコン設備担当におすすめな4つのクレジットカードとは

楽天クレジットカード(全般的な支払用)

ゼネコン担当へのおすすめ度 5.0

【おすすめする理由】:

①入会費・年会費無料。

②還元率1%(楽天関連市場で使用すると1%をはるかに超えます)。

③楽天ポイントはあらゆる場面において使える。

④楽天カードアプリが使いやすい。毎月のコスト管理がしやすい。


【こんな時に使おう】:

・ベースで使用しましょう。楽天漬けになっても良いくらい、楽天関連市場で買い物をしましょう。なぜならお得だからです。楽天ポイントは、買い物でも使用できるし、旅行に行く時やゴルフに行く時、携帯代を支払う時や投資信託を購入する時など、幅広く使用できます。まさに万能です。また楽天カードアプリでは、いつ、何に、どれだけ使用したかをわかりやすく表示してくれますので、お財布の管理に関しても絶大な力を発揮します。


【公式サイト】:

リクルートクレジットカード(全般的な支払用)

ゼネコン担当へのおすすめ度 4.5

【おすすめする理由】:

①入会費・年会費無料。

②還元率1.2%(じゃらんで予約・支払いをすると3.2%)

③Pontaポイントに変換可能(等価交換)


【こんな時に使おう】:

・ベースで使用しましょう。楽天より還元率は高いので、楽天よりメリットがあるかもしれません。特にPontaカードやじゃらん、じゃらんゴルフ、HOTPEPPER等を多くご利用する方であれば、リクルートカードの方がメリットがあるかもしれません。ただ、楽天は幅広く事業を行っているので、応用がききやすいので、皆様の生活スタイルで「何の利用」が多いかを確認して、どちらをベースのクレジットカードにするか決定すればよろしいかと。
ちなみに、リクルートカードでsuicaへのチャージをしてもポイントは貯まります。


viewクレジットカード(交通費支払用)

ゼネコン担当へのおすすめ度 5.0

【おすすめする理由】:

①入会費・年会費無料。

②suicaへのチャージ・定期購入について還元率1.5%。

③得られたポイントをsuicaにチャージできる(等価交換)


【こんな時に使おう】:

・suicaへのチャージや定期購入の時に使用しましょう。(通常利用でのポイント還元率は0.5%です。)実は、view以外のクレジットカードからsuicaへチャージしたとしても、ポイント還元対象外になるクレジットカードは多いです。(私は4ヵ月くらい気付かず楽天カードからApplepay suicaにチャージしてしまった苦い経験があります。定期もポイント還元対象外でした。)必ずviewカードを使用しましょう。

・私の使い方として、交通系に使用するのはもちろんですが、コンビニやドラッグストア等の日用品の買い物をApplePayのsuicaで購入しています。そのsuicaへのチャージをこのviewクレジットカードにて行っています。また定期もApplePayに入れているので、定期の購入や継続についても、viewクレジットカードで支払いをしています。どちらも日常には欠かせないことなので、ポイントの貯まりやすいカードを選ぶことが重要です。その貯まりやすいカードがviewクレジットカードとなります。

イオンクレジットカード(食料品調達用)

ゼネコン担当へのおすすめ度 3.5

【おすすめする理由】:

①基本入会費・年会費無料。(一部のカードで年会費が掛かるものあり)

②還元率0.5%(イオンで使用すると1%)。

③イオンシネマが300円引き。


【こんな時に使おう】:

・ネットスーパーを注文する時に使いましょう。食料品などは直接行って買い物せずに、ネットで買い物する方が楽です。1週間分の食料を買えば、ほとんどのケースで送料は無料となる為、買い物に行く時間を節約できます。ただ、イオンでネットスーパーをあまりしない人や、イオンでの買い物をあまりしない人は、作成するメリットはあまりないかと思います。

またイオンシネマが300円引きになります。ただしネックは、イオンシネマは限られた土地にしかありません。近くにイオンシネマがある方は特におすすめです、


【公式サイト】:

まとめ

いかがでしたか。基本的なクレジットカードは持ちつつ、生きていれば必ず頻繁に支払いが発生する「交通系」「食料系」に特化したクレジットカードを持つことが良いかと考えます。

最後に上記でご紹介した内容の簡単なまとめの表を下に記載します。いつもの支払いにポイントという儲けが還元されるクレジットカードを携帯してはいかがでしょうか。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

カード名称 写真

入会・年会費

還元率 公式サイト
楽天カード 無料 1.0%~ 楽天カード
リクルートカード 準備中 無料 1.2%~ 準備中
viewカード 準備中 無料 0.5%~ 準備中
イオンカード

無料

0.5%~ イオンカードセレクト

クレジットカードの最新記事4件